若狭医療福祉専門学校のおしらせ

介護福祉科 ゲストティーチャーを迎えて

カテゴリー: 未分類

2月1日

介護福祉科では、 ゲストティーチャー  浦松さまをお迎えして  「障害の理解」  の授業を行いました。

 

車いすを軽々と操り、会場に入っていらっしゃた浦松先生の笑顔で、緊張気味だった学生たちも…

ふわっ~と一瞬でなごみました。

 

普段の生活や仕事について、また介護福祉士に求めることなどをお話しいただきました。

一番の願い   「障害者に対して普通に接してください」   という言葉が印象に残り、「普通」の意味の深さを学生たちはそれぞれ考えたことと思います。

 

 

 

~授業を終えた学生の感想より~

・車いすが浦松先生の足になっているだけで、仕事も、車の運転も、旅行も、スポーツも何でもできる。

・下半身に感覚がなく、気付かないうちに、火傷や褥瘡になっていたりするので、要注意!

・障害者スポーツは障害者のものだけでなく、健常者も車いすに乗る等をして一緒に楽しんでいる。

お話ししていただいたことから、学生もたくさんのことを学び、感じることができたようです。

浦松さま、お忙しいところありがとうございました。また、ぜひいらしてください!

 

▲ページの一番上へ戻る