若狭医療福祉専門学校のおしらせ

【重要】新型コロナウイルス蔓延を防ぐための対応につい て(最新)

カテゴリー: 未分類

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い日々、感染拡大が広がっております。
ウイルスは目に見えません。特に若い人は感染してもほとんど症状が出ず、気づかないうちに他の人に感染させる可能性があります。これまでのデータから、換気が少ない閉鎖空間で複数人が一定時間、手を伸ばせば触れる距離間で会話をするような機会が危険であること がわかりました。
こうした現状を踏まえ、新型コロナウイルス感染症蔓延を予防するため、皆さま一人ひとりの責任ある行動をお願いします。

——————————————————————————————————————
●プライベートで不特定多数が集まる 場所 へ の 外出 を 控えてください。
●県外への移動(特に首都圏を中心とした都市部)はなるべく避けてください。
●アルバイトを行うに当たって、後述する三原則に注意して行ってください。
●不要不急な県外への移動(国内旅行、通学を除く帰省等(特に首都圏を中心とした都市部))や海外旅行については、感染リスクがあることから自粛してください。海外や国内への感染を広げることにつなが る行動は避けてください。やむを得ず海外に行く場合は、必ず 学校 に届け出てください。
●屋外や単独での行動について制限はありませんが、多人数が集まる場所に行くことは極力避けてください。

 

【注意すべき三原則(屋内)】

1.十分な換気(部屋の大きさにもよりますが一般的に 1 2 時間毎に 5 10 分程度)
2.人の間の距離を確保
3.近距離での会話回避

 

-各自の対応——————————————————————————————————
●自身の体調を管理(毎日体温を測る等)し、発熱( 37.5 度以上)がある場合には自宅待機としてください。
●37.5℃ 以上の発熱が 4 日以上続いている場合または濃厚接触者の疑いがある場合(新型コロナウイルス感染症が疑われる者と同居あるいは長時間の接触があった者等)は、 学校 に連絡し、その指示に従ってください。また、発熱 37.5 度以上)だけでなく、体調が悪いときや不安を抱えているときは、 学校 に も 相談してください。
●海外から来日又は帰国した学生は、新型コロナウイルス感染症の疑いの有無にかかわらず、 学校へ連絡した上で指示に従ってください。また、外務省海外安全情報感染症危険情報レベルにかかわらず、 14 日間自宅待機としてください。

———————————————————————————————————————

若狭医療福祉専門学校

TEL.0770 32 1000

▲ページの一番上へ戻る