若狭医療福祉専門学校のおしらせ

Monthly Archives: 2月 2013

求職者支援訓練 「医療クラーク・調剤事務科」の修了式が行われました。

カテゴリー: 未分類

求職者支援訓練 「医療クラーク・調剤事務科」の修了式が行われました。

 

長いようで短い、あっという間の3か月の訓練。

修了証書を手にした受講生の姿からは、自信と達成感が感じられました。

訓練は通過点として、訓練生全員の一日も早い就職を願っています!

 

みなさん!お疲れ様でした!

生命保険協会奨学生の卒業記念品贈呈式に参加しました。

カテゴリー: 未分類

2月19日に、福井県生命保険協会奨学生の卒業記念品贈呈式と昼食会が、福井市のユーアーズホテルで行われました。

本校からは、介護福祉科2年の大谷美咲が出席し

「利用者やその家族、地域の方とのつながりを大切にして、明るく仕事をしたい」と抱負を語りました。

4月からは社会人として、また介護福祉士として、大きく羽ばたいてくださいね!

祝!☆ご結婚☆

カテゴリー: 未分類

当校の卒業生同士がめでたく結婚することに…

ということで、結婚するお二人のお友達3名が学校に 来てくれて…

お二人にむけての写真撮影をしてくださいましたぁ…

 

卒業生同士の結婚…とってもうれしいですよね~

末永くおしあわせに~☆ またいつでも遊びにきてくださいね!

 

 

 

 

 

介護福祉科 ゲストティーチャーを迎えて

カテゴリー: 未分類

2月1日

介護福祉科では、 ゲストティーチャー  浦松さまをお迎えして  「障害の理解」  の授業を行いました。

 

車いすを軽々と操り、会場に入っていらっしゃた浦松先生の笑顔で、緊張気味だった学生たちも…

ふわっ~と一瞬でなごみました。

 

普段の生活や仕事について、また介護福祉士に求めることなどをお話しいただきました。

一番の願い   「障害者に対して普通に接してください」   という言葉が印象に残り、「普通」の意味の深さを学生たちはそれぞれ考えたことと思います。

 

 

 

~授業を終えた学生の感想より~

・車いすが浦松先生の足になっているだけで、仕事も、車の運転も、旅行も、スポーツも何でもできる。

・下半身に感覚がなく、気付かないうちに、火傷や褥瘡になっていたりするので、要注意!

・障害者スポーツは障害者のものだけでなく、健常者も車いすに乗る等をして一緒に楽しんでいる。

お話ししていただいたことから、学生もたくさんのことを学び、感じることができたようです。

浦松さま、お忙しいところありがとうございました。また、ぜひいらしてください!

 

1 / 11

▲ページの一番上へ戻る